とある博士の研究所
ニコニコ動画向けにVOCALOID系RPGとかツクってる鏡音リン崇拝者のブログ。
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/06/26(金) 21:36 VOCALOID
リンの胸囲について物申す
それは今日上がった動画がきっかけでした。 まずはこの動画を見てほしい。



リンがおそらくルカであろうボインな女性の胸を見て、
自らの胸囲のなさを悔しみ努力するという内容である。
さて、リンの胸は大きくなってよいのか。
答えはである。
その理由としては、まずVOCALOIDキャラ全体でのキャラ位置があげられる。
俗に言うひんぬー、ちっぱい(ちいさいおっぱい)としてのキャラは一人は必要であり、
それはリン以外には考えられないからだ。
それがなぜ必要かというと、やはり多方面からの要望の一つとして
なくてはならないからである。主にワシのようなヤツに( ゚-゚)
あとはキャラクターとしての位置的なかぶりは古来より重要な問題であって、
その対策としてのキャラの差別化の為でもある。
ちなみにミクはひんぬーではなく微乳である、と私は思っている。

しかし、リンが大きくなりたいと望み努力する様はなくてはならない、
いわゆる一つの形式美なのである。
例えばリンが胸に対してなんの意識もしなかったら、
ただのぺたんこ娘というキャラで済んでしまう(それはそれでもよいが)。
そこへひんぬーな事へのコンプレックスを追加する事により、
ちっぱいというステータスがより強調されるのである。


色々言いたいことを言ったが、私なりの意見を統合すると、
【リンは「ちっぱい」で完成形であり、究極美である。】という事だ。
これは上記の動画への宣伝コメにもしてしまうほど、的確にまとめることができたと私は思っている。

もちろん、以上の考察、意見は私の個人的なものであり、
人にはそれぞれの思想があるのは承知しておりますので、
他人の異論などを否定したりはしません。

とにかく、やはりリンは可愛いなぁ・・・という事で(´ω`)ンフフ
 
nikki0001.jpg

スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

待ち焦がれていたもの ニコ動でのVOCALOID系RPG
コメント一覧
ウニャー
今日の博士は随分と紳士的ですね(苦笑)
とか言いつつも、大部分納得できてしまう自分がどうかとも思うけど…。
URL 【 2009/06/27 01:49 】 編集
ネコスキー博士
> 今日の博士は随分と紳士的ですね(苦笑)
この一つ前の記事で紹介したProjectDIVAの動画や
今回の動画を見て改めてリンのことを考えていたら、
ついハッスルしてこの記事を書いてしまいましたw

> とか言いつつも、大部分納得できてしまう自分がどうかとも思うけど…。
ワシの意見が納得できるものであると感じていただけたのなら、
書いてよかったと思います、ありがとうございます(´ヮ`)
どうかと思わず、その気持ちを大切にしてくださいな(´ω`)ンフフ
URL 【 2009/06/27 21:21 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。